保護猫パート1 | 大阪 アニマルタクシー

2015-08-20

大阪 阪神間、尼崎 豊中でご好評頂いてる、わんにゃんライダー川西駅前店の長崎です。

以前のブログで書かせて頂いた保護猫ちゃん♪

保護猫ちゃんの記事へ

保護猫ちゃんのストーリーを何回かに分けて書かせて頂きたいと思いますU・ω・U

先週の8月15日(土)ペットタクシーのお仕事が早朝から入っていました。お客様のご自宅へお迎え時間が午前8時30分。うちの事務所から、お客様のご自宅への距離があったのと、お盆中だったので余裕を持って6時過ぎに事務所を出発しました。事務所を出発して10分程の距離の大通りで目の前をノロノロと歩く小さな物体を発見しました。朝も早かったし寝ぼけているのかな?そう思っていました(笑)。

伊丹 動物病院

保護犬カフェ 川西

猫ちゃんがフラフラしていた道路です。矢印の所からマクドルドの方向へ向かってフラフラと歩いて行っていました。

 

その物体に車が近づくにつれて、子猫だという事が確認できました。 「うわー!マジかー!何で俺の車の前に飛び出してくるんだー><今からお客様の自宅に向かわなければいけないのに…。」内心そう思いました。 けどここで俺が車を停車しないと後続車に轢かれて子猫は死んでしまう…。見捨てる=子猫の死…。 そんな事絶対にできません>< 僕の車のすぐ後ろに後続車がいましたが、ハザードランプをだして車を急停車させました。後続車の人からしたらイキナリ急停車されるわ道路のど真ん中で車止められるわで迷惑だったでしょう…すいません。何とか交通事故にはならなかったですが次は子猫を救出しに行かなければいけません。

 

後ろから車が来ていない事を確認して急いで子猫ちゃんの元へ急いで向かいました。捕まえようとしたところ、さっきまでフラフラ歩いていたのに急にすばしっこくなって僕の車の下へ隠れてしまいました。「なにーーーー!よりによって何で俺の車に下に隠れるんだ!!!!どうせ逃げるなら歩道にある草に隠れればいいのに!!車を走らせたら俺が猫ちゃんを轢いてしまう。けど急がないとお客様の予約時間に間に合わない><」

 

そう思いつつ車の下を覗き込むと子猫ちゃんがいました。僕を見て驚いた子猫ちゃんは道路の方向に逃げて行ってしまいました。「何で道路の方向やねーーーん!」と心の中で子猫ちゃんに突っ込みをいれつつ子猫ちゃんのダッシュで追いかけました。道路のど真ん中に車を止めて、走っている俺!! 子猫ちゃんがいる事を知らない人達から見たら僕は完全な不審者ですね(笑)。警察を呼ばれる前に捕まえなければ>< スーパーダッシュで猫ちゃんを追いかけて、やっとの事で子猫ちゃんの捕獲に成功。

 

「捕まえたのは良いけどどうしよう?俺は今からお客様のご自宅にお迎えに行かなければいけないのに…。」周りを見渡しても親猫らしき猫はいません。しかもここは道路の真ん中。歩道の方に移動させてあげても、また道路に出てくるかもしれない…。「こうなったら一緒に連れて行くしかない!!保護した以上、最低限の事は僕がしてあげて里親さんを探してあげよう!!」そう思い子猫ちゃんを抱きかかえて一緒に車に乗りました。

はじめは助手席に乗せていたのですが暴れまわって車内にある隙間からエンジンルームの方へ逃げようとするので、僕の足元へ移動させました。

保護犬カフェ 川西

ですが、それでも「ニャーニャーニャーニャー」鳴いて色んなところへ行こうとします。「こらー!子猫ーー!!!これじゃー運転に集中できんわ!子猫救出したんはええけど、俺が事故ってまうやんけ。」どうにかしようと思い片手で胸元を引き寄せて抱いていたら寝てくれたのか大人しくなりました。

豊中 動物病院

よしこれでひとまずは安心。次はダンボールが必要だな…。お客様のご自宅の近くのコンビニでダンボールを貰い子猫ちゃんを入れてあげました。

江坂 動物タクシー

あっ!!!テンパリ過ぎてペットシートを敷いてあげるのを忘れていました(笑)。

三国 動物タクシー

伊丹 アニマルタクシー

やっとこれで落ち着いて運転できる。そう思いお客様のご自宅へ向けて車を走らせました。そう思ったのもつかの間…。運転しているとダンボールからガサガサと物音がします。「にゃーにゃーにゃー」ダンボールに入れているはずの子猫ちゃんの鳴声が間近に聞こえるじゃありませんか(笑)。

保護犬カフェ 川西

「な!なにー!ダンボールから出てきてるじゃねーか!!!」子猫ちゃんの姿を見てあの曲が思い浮かびました。昭和生まれの方ならご存知だと思いますが。「うんとこどっこいしょ。うんとこどっこいしょ。なんでもできちゃうはずなんだ~」ってグリコのCM曲です(笑)。

安心してゆっくり運転できると思ったのにー>< 捕獲した腹いせに事故らせようとしてるんじゃねーか(笑)。かわいそうだけど子猫ちゃんをダンボールに戻し蓋をしてからペットシートをケースごと置いて出てこれない様にしました。「よしよし!今度こそは大丈夫だ!!」そう確信し車のハンドルを握る!!しばらくすると、ダンボールの方から、またガサガサ音が聞こえます。
「まっ!まさか!」恐る恐るダンボールに目をやると!なっなんと!!!!

保護犬カフェ 川西

うおーーー!!また出てきてるしー!!!!

伊丹 動物病院

ここでまたあのCMソングが僕の頭の中で流れました「もう少し後ちょっと!もう少し後ちょっと!なんでもできちゃうはずなんだ~♪」。…………><子猫ちゃんお願いだから落ち着いて下さい(笑)

こんなやりとりが何度が続きましたが、遅れることもなく無事お客様の家に到着して仕事をこなしました。お客様に事情を説明して子猫ちゃんと一緒に送迎させて頂きました(笑)ご自宅から動物病院までの往復送迎のお仕事だったのですが、待機中に「子猫 飼い方」「子猫 年齢見分け方」等ipadで色々と検索して勉強していました。猫ちゃんが何歳か分からないのと、健康状態、どうやってご飯をあげたらいいか分からなかったからです。

プライベートでも仲良くして頂いている大阪府池田市にある「ウィン動物病院」の永山先生の携帯にも電話しました。色々と話を聞いて頂き「牙が生えていたら大体生後一ヶ月位」って事を教えて頂きました。お盆休み中で早朝で寝ていたのに起こしてしまいすいませんでした><

無事仕事を終え帰りにペットショップで猫ちゃんのエサやグッズ等を買う為にペットショップによって帰る予定でした。けど…さっきまでダンボールから必死に出ようとして「にゃーにゃー」鳴いていた子猫ちゃんの元気が全然ありません…。ダンボールを覗き込んで撫でてあげても全然鳴きません…>< 「子猫ちゃんどうしたの?大丈夫?さっきまであんだけ元気だったのにどうして?」

最悪な事態が僕の頭をよぎりました…

Copyright(c) 2015 ペットタクシー.jp All Rights Reserved.